第2回オンラインサロン 5/30 20:00〜「コロナ時代の保健授業を考えるー専門家と連携した保健授業を体験しよう」

申し込みはpeatixより

今回は、宮崎裕樹さん(日本フィジカルサポート)を専門家としてお呼びして、新渡戸文化学園の小林光一先生と一緒につくる保健体育の模擬授業を体験していただきます。模擬授業の内容は、「ほぐすって?」〜首・肩の巻〜です。なかなか体を思う存分に動かすことができない現状において、体のケアはとても重要な課題です。その課題に対応していくために、子どもたちにとって何が必要な学びとなるのか、模擬授業を通じて考えていきます。そのうえで、コロナ時代の保健の学びの在り方を、皆さんで議論していく時間となればと考えています。

コメント

この記事へのコメントはありません。