未来の体育共創サミットから生まれた実践報告 松下祐樹―レポート

〇セッション概要

これまでの未来の体育共創サミットをきっかけに行った実践を3つ、松下から紹介しました。その後、現在課題に感じていることやこれからやりたいこと、具体的に実現するにはどうするかなどを話し合いました。

〇参加者の声

・何かできることから始めてみようと思った。

・具体的にこういうことをやってみようと思っている。

〇セッションを終えて

 インプットで終わるのではなく、実践に繋げていくことはとても重要だと感じています。その実践に繋げるための大切な時間になりました。

お金が課題となるという話題に多くの時間を使いましたが、その対話の中で、私の甘さや諦めの早さを痛感し、できることはいくらでもあるから知恵を絞って具体的に動こうと思いました。

また、チャレンジしている仲間がいることを知るだけでも、「自分もやってみよう」という意欲が湧いてくることも実感しました。

(松下祐樹)

〇セッション紹介

タイトル 未来の体育共創サミットから生まれた実践報告

これまでのサミットをきっかけに生まれた実践を紹介します。 今回のサミットではどんな1歩を踏み出しますか?

松下祐樹氏(一般社団法人未来の体育を構想するプロジェクト)

最近の記事

  1. 「教育現場に於ける『消費者と生産者』〜里山自然/教育現場の実践から、行動変容(意識転換)の可能性を考える」 レポートー中川隆義氏(ままmaioka/横浜をつなげる30人、銀行員30年からベンチャー企業へ) 山本尚毅氏(北陸先端科学技術大学院大学修士課程、教育企業勤務)

  2. 「あそび」で「学び」をアップデート!〜一般社団法人「あそび庁」の取り組みから〜  小山亮二氏(一般社団法人あそび庁代表理事)久保賢太郎氏(東京学芸大学附属世田谷小学校/東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科博士課程)―レポート

  3. 日本フェンシング躍進の舞台裏から学ぶ「チルドレン・フューチャー・ファースト」 宮脇信介氏―レポート

  4. 体育授業のマインドセット〜体育の苦手な先生も子どもも楽しめる体育授業にするために~白根稔彦氏―レポート

  5. 「ビデオ会議から旅へ -豊かなスポーツライフは大人から-」レポートー嶋田美和氏(諫早市教育委員会)山岸秀敏氏(稚内地方柔道連盟)酒井重義氏(NPO法人judo3.0)